ここから本文です

怪我明けのティエム、初戦ストレート勝ちでベスト8進出<男子テニス>

tennis365.net 9月22日(木)14時11分配信

モゼール・オープン

男子テニスツアーのモゼール・オープン(フランス/メッツ、ハード、ATP250)は21日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのD・ティエム(オーストリア)が予選勝者のP・ゴヨブジク(ドイツ)を7-5, 7-6 (7-2)のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。

【錦織 対戦したティエム評価】

今大会は上位4シードが1回戦免除のため2回戦から登場したティエムは、13本のサービスエースをゴヨブジクに決められるも、自身はファーストサービスが入った時に85パーセントの確率でポイントを獲得し、1度もブレークチャンスを与えなかった。試合時間は1時間28分。

準々決勝では、第6シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。ミュラーは2回戦で予選勝者のN・バシラシヴィリ(グルジア)をストレートで破っての勝ち上がり。

23歳のティエムは、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト16へ進出するも、J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の4回戦では膝の故障により棄権していた。

また、同日には1回戦も行われ、第8シードのN・マウー(フランス)が予選を勝ち抜いたQ・ハリス(フランス)にストレートで勝利し、2回戦へ駒を進めている。

tennis365.net

最終更新:9月22日(木)14時11分

tennis365.net