ここから本文です

クルム伊達公子と日比野菜緒、東レPPO会場でトークショー<女子テニス>

tennis365.net 9月22日(木)15時49分配信

ヨネックス presents クルム伊達 公子 プロ スペシャルトークショー

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は22日、「ヨネックス presents クルム伊達 公子 プロ スペシャルトークショー」を開催し、復帰を目指すクルム伊達公子(日本)が登場。さらに世界ランク76位の日比野菜緒(日本)も加わり、今後のビジョンや使用するラケットについて語った。

【クルム伊達、錦織を称賛】

今年、膝の手術を行ったクルム伊達。その後は、車いすや松葉杖を使ってテニスをしており、その様子はフェイスブックなどにアップしていた。

「指の先まで筋肉痛になった」と当時を振り返り、復帰については「毎日リハビリをやってますが、実際にコートへ入るのは違う。自分の中で納得いくまでやるのが1番。やめるのは考えにないです」と述べた。

また、インタビュアーの坂本正秀氏から現代のラケットについて聞かれ「ラケット自体が大きく進化している。私は木のラケットで育った時代。」と話し、「8年前に復帰した時にもラケットの進化を感じた。色々試した結果、重さを加えることでコントロール力が増した」と、こだわりについても語った。

日比野は、クルム伊達のラケットを握った瞬間に「重い!(笑)」とリアクション。

さらに「昨日、占いに行ったら、あなたは38歳くらいでパワーアップすると言われた。それを聞いた時に、私は伊達さんを超えられるのかなと思いました」と笑顔で話した。

最後に「今年は4つのグランドスラムを経験して、あそこで戦いたいという気持ちが強くなった」と述べ、来年は今年達成出来なかった四大大会初勝利と、更なる飛躍を狙う。

tennis365.net

最終更新:9月22日(木)15時49分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]