ここから本文です

【MLB】田中将大、初1イニング4被弾も6回4失点で自己最多14勝目の権利持って降板

Full-Count 9月22日(木)10時25分配信

3回に自己ワースト1イニング4被弾

 ヤンキースの田中将大投手が21日(日本時間22日)の敵地レイズ戦に先発し、自己最多となる14勝目の権利を持って降板した。

際立つ敗戦数の少なさ…田中将大のNPB・MLB通算成績一覧

 この日は序盤から打線が爆発。初回にいきなり3点を先制すると、2回にはサンチェスが4戦連発となる18号3ランを放つなど4点を加点。リードを7点に広げた。

 一方、中5日での登板となった田中は初回1死から2番キーアマイヤーにショートの頭上を越える安打を許したものの、続くロンゴリアを三ゴロ併殺に仕留める。2回も4番ミラーをセンターフライ、5番ディカーソンをレフトフライに打ち取ったが、2死から6番ラミレスに四球を与えると、2回の暴投で三塁へ。さらに7番デッカーに四球を与えたものの、8番シャファーをスプリットで空振り三振に仕留めて難を逃れた。

 しかし3回だった。9番ウィルソンに初球を捉えられ、レフトスタンドへソロ弾を被弾。その後、1番フォーサイスを三振、2番キーアマイヤーを投ゴロに打ち取ったが、ロンゴリアに低めのボールをすくわれてレフトスタンドへ運ばれると、ミラーにはライトスタンドへ被弾。さらにディカーソンにもバックスクリーンへと運ばれ、3者連続、1イニングで計4本の本塁打を許した。

 それでも4回は2死からウィルソンに右前安打を許したがフォーサイスをライトフライに仕留めて無失点で抑えると、5回は3者凡退に打ち取る。6回は先頭のディカーソンにレフト前に落ちる二塁打を浴びたものの、ラミレスを見逃し三振、デッカーを遊ゴロ、シャファーを空振り三振に仕留めた。

 ヤンキースは6回にもサンチェスがソロ弾を放ち、田中は4点リードを受けて降板。この日は6回を投げ、4本塁打を含む7安打5奪三振2四球4失点で防御率3.07となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月22日(木)10時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)