ここから本文です

全米覇者ワウリンカが初戦に勝利 [サンクトペテルブルク/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月22日(木)17時3分配信

 スタン・ワウリンカ(スイス)が全米オープン優勝のあと、コートに戻ってきた。彼はその勝利の勢いを、いまだ保ち続けている。

 ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・オープン」(ATP250/9月19~25日/室内ハードコート/賞金92万3550ドル)のシングルス2回戦で、第1シードのワウリンカがルーカシュ・ロソル(チェコ)をわずか57分、6-3 6-1で下した。ワウリンカは1回戦がBYE(免除)だったため、これが彼の初戦だった。

「初戦にしては素晴らしいレベルのプレーができた」とワウリンカ。彼は世界ランク85位のロソルとの試合を終え、「非常に集中できている」と感じたという。

 ワウリンカは次の準々決勝で、ふたりのセルビア人のうちのどちらか----1回戦でガスタン・エリアス(ポルトガル)を6-1 6-2で下した第7シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)と、同じくフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を2-6 6-3 6-2で倒したノーシードのドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

 もうひとりのシード選手で2回戦からプレーした第4シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は、リカルダス・ベランキス(リトアニア)に4-6 6-1 7-6(2)で辛勝して準々決勝に進んだ。

全米初制覇のワウリンカ、ジョコビッチに「君のおかげで僕はここにいられる」

 第2シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第3シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)の初戦(2回戦)は22日の予定で、ラオニッチはミカエル・ユーズニー(ロシア)と、ベルディヒはアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: SAINT-PETERSBURG, RUSSIA - SEPTEMBER 21: Stan Wawrinka of Switzerland in action against Lukas Rosol (not seen) of Czech Republic during the Men's singles on the third day of Saint-Petersburg Open 2016 International Tennis Tournament at the Sibur Arena in Saint-Petersburg, Russia on September 21, 2016. (Photo by Mihailicenko Sergey/Anadolu Agency/Getty Images)

最終更新:9月22日(木)17時3分

THE TENNIS DAILY