ここから本文です

今のイカルディを止められるチームはいない! 主将の2ゴールでインテルがエンポリを撃破 長友は出番なし

theWORLD(ザ・ワールド) 9月22日(木)5時51分配信

今季6ゴール目を挙げたイカルディ

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは21日、セリエA第5節でエンポリと対戦した。前節ユヴェントスとのイタリアダービーを制したインテルは、エベル・バネガが退場したこともあり、ジェフリー・コンドグビアを今節は起用。さらに、エデルに代えて決勝点を挙げたイヴァン・ペリシッチもスタメン名を連ねている。なお、長友は今節もベンチスタートとなった。

試合は、開始10分に早くも動く。オーバーラップして右サイド深くでボールを受けたダニーロ・ダンブロージオがアントニオ・カンドレーヴァへ落とすと、GKとDFの間にクロスを入れる。このクロスにマウロ・イカルディがダイビングヘッドで合わせ、アウェイのインテルが先制に成功した。

さらに17分、ハーフライン付近でジョアン・マリオがボールを奪うと、イカルディへの絶妙なスルーパスを通す。裏へ抜け出したイカルディはGKと1対1になり、落ち着いてゴールへ流し込んだ。

その後もチャンスを作ったインテルだが、決めきることができずに前半終了のホイッスル。2点リードしているものの、守備の中心であるジェイソン・ムリージョ、ガリー・メデル、ミランダの3選手が早い段階でイエローカードを受け、後半に不安を残す形で試合を折り返した。

後半に入ると、両チームが一進一退の攻防を見せる。エンポリもいくつもの決定機を作るが、1点が遠く、なかなか反撃のチャンスを生かしきれない。一方のインテルは、19歳のアサン・ニュクリを今季リーグ戦で初出場させるなど、余裕を見せる。

後半はこのまま時間だけが過ぎ、スコアは動かず。2-0でアウェイのインテルがエンポリを撃破。ユヴェントスに勝利した勢いで、リーグ戦3連勝を飾った。なお、長友は今節も出番なし。インテルデビューが期待されたブラジル代表のガビゴルことガブリエル・バルボサもアップはしたものの、出場機会はなかった。

[スターティングメンバー]
エンポリ:スコルプスキ、ラウリーニ(→サンベッリ 69)、ベッルッシ、バルバ、ディマルコ、ディウセ、テージョ、ビュヘル(→クローチェ 58)、サポナーラ(→マリルンゴ 69)、ブッチャレッリ、マッカローネ


インテル:ハンダノビッチ、ダンブロージオ、ミランダ、ムリージョ、サントン、メデル(→F・メロ85)、コンドグビア(→ニュクリ 74)、ジョアン・マリオ、カンドレーヴァ(→エデル 75)、ペリシッチ、イカルディ

[スコア]
エンポリ 0-2 インテル

[得点者]
インテル:イカルディ(10、17)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月22日(木)5時54分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。