ここから本文です

新「Apple Watch Series」付属の充電ケーブルは無駄に長くない

ギズモード・ジャパン 9月22日(木)20時12分配信

2mってなんじゃい?

って思ってた人も多かったのかもしれませんね。

新しいApple Watch、Apple Watch Seriesは付属の充電ケーブルが短くなるようです。その長さ実に半分! 1mに短縮されます。

…改悪!? いやいや、ぶっちゃけるとこれまでの2mケーブルって長すぎなんです。

長すぎてみんなが使いあぐねていたというか、だらーんとデスクから垂れていたり、ケーブルリールが必須だったり。Apple Watch付属のケーブルが長すぎ問題として、ユーザーの中では頭を抱えていた案件でもあるんです(少なくとも僕はそうでした)。

そのため、個人的には1m化は喜ばしい改良ポイントです。

なお、従来の2mケーブルが欲しいという方は、まだAppleストアの周辺機器としてラインナップされているので購入できますよ。ちなみに、0.3mという超ショートケーブルもラインナップに存在しています。デスクの上で充電するならば、そういったのでもいいのかもしれません。

しかし、せっかく非接触充電なのに、ケーブルの長さや取り回しでアレコレ悩むなんて…。なんだかなぁ~。

source: MacRumors

(小暮ひさのり)

最終更新:9月22日(木)20時12分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]