ここから本文です

ATPファイナルを目指すティームがベスト8進出 [メツ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月22日(木)18時0分配信

 フランス・メツで開催されている「モゼーユ・オープン」(ATP250/本戦9月19~25日/室内ハードコート/賞金46万3520ユーロ)のシングルス2回戦で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が予選を勝ち上がったペーター・ゴヨブチック(ドイツ)を7-5 7-6(2)で破り、シーズン末のATPワールドツアー・ファイナル初出場という目標にまた一歩近づいた。

 ティームは2週間前に右膝の故障のため、全米オープン4回戦の対フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)戦を途中棄権していた。

ティームの途中棄権でデル ポトロが4年ぶりの準々決勝へ [全米オープン]

 今回はのびのびと動いた世界ランク10位のティームは12本のサービスエースを決め、自分のサービスゲームで一度も相手にブレークポイントを与えなかった。

 11月にロンドンで行われるATPファイナルの8席のうち、3席はすでに決まったが(ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレー、スタン・ワウリンカ)、残りはまだ奪取可能だ。23歳のティームはこの大会に先立ち、同大会を巡るレースで7位につけている。
 
 ティームの次の準々決勝の相手は、第6シードのジル・ミュラー(ルクセンブルグ)となった。ミュラーは9本のサービスエースを決め、ニコラス・バシラシビリ(グルジア)を6-4 6-2で倒している。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のジュリアン・ベネトー(フランス)はダスティン・ブラウン(ドイツ)を6-3 6-4で下してベスト8に駒を進めた。ブラウンは14本のサービスエースを決めたが、同時に3度にわたりサービスをブレークされた。

 1回戦の残りでは、第8シードのニコラ・マウ(フランス)、マレク・ジャジリ(チュニジア)、ピエール ユーグ・エルベール(フランス)、イリヤ・マーチェンコ(ウクライナ)、ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)らが勝利を収めた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NEW YORK, NY - SEPTEMBER 03: Dominic Thiem of Austria celebrates his win over Pablo Carreno Busta of Spain during his third round Men's Singles match on Day Six of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 3, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)

最終更新:9月22日(木)18時0分

THE TENNIS DAILY