ここから本文です

警官の黒人射殺でデモ2夜目、男性が撃たれ重体 米シャーロット

AFPBB News 9/22(木) 12:36配信

(c)AFPBB News

【9月22日 AFP】黒人男性が警官に撃たれ死亡する事件が発生した米南部ノースカロライナ(North Carolina)州シャーロット(Charlotte)では、事件発生から2日目を迎えた21日の夜も抗議デモが続き、警官とデモ隊の一部が衝突する中でデモ参加者の男性1人が発砲を受け重体となっている。ノースカロライナ州のパット・マックロリー(Pat McCrory)知事は非常事態を宣言した。

 市当局のツイッター(Twitter)への投稿によると、発砲したのも撃たれたのも民間人だという。市は撃たれた男性について死亡したと当初発表したが、その後「生命維持装置をつけており重体だが、死亡してはいない」と訂正した。

 現場にいたAFP記者によると、男性が撃たれたのは市中心部にあるホテル「オムニ・シャーロット(Omni Charlotte)」の前。数百人の市民が機動隊に向かって暴言を浴びせていたとき、突然この男性が地面に倒れ込んだ。男性はひどく流血しており、警察によってホテル内に運び込まれたが、歩道に血痕が残っていたと目撃者は話している。

 市内ではデモ隊の一部が機動隊と衝突し、窓ガラスに物をぶつけたり、車の屋根に上ったり、警官隊に向かって物を投げつけたりした。これに対し警察は催涙ガスを使用し、人々が走って逃げるなどしていた。

■持っていたのは銃か本か?警察発表に住民ら怒り

 デモの発端となったのは、キース・ラモント・スコット(Keith Lamont Scott)さん(43)が市内の集合住宅の駐車場で20日午後4時(日本時間21日午前5時)ごろ、ある事件の容疑者を捜索中だった警官らに射殺された事件。地元メディアが伝えた親族の話によると、スコットさんは当時スクールバスのバス停で息子の帰りを待っていたという。

 警察発表ではスコットさんは拳銃を手にしていたとされているが、親族はスコットさんが持っていたのは本だったと主張。住民らは、地元シャーロット・メクレンブルグ(Charlotte-Mecklenburg)警察のカー・パットニー(Kerr Putney)本部長が「拳銃が押収された」「言われているような本は見つかっていない」と断言したことに対し、怒りをつのらせている。

 娘がスコットさんの息子と同じ学校に通っているという女性は、警察発表について「うそだ。警察が本を銃とすり替えたんだ」と語った。シャーロットでは、銃器を隠さずに携帯することが法律で認められている。

 21日午後にはアフリカ系米国人を中心に100人ほどの学生が地面に横たわる「ダイイン」を行い、黒人霊歌を歌って警察の暴力に抗議した。(c)AFPBB News

最終更新:9/23(金) 7:56

AFPBB News

なぜ今? 首相主導の働き方改革