ここから本文です

ミラン本田を“練習場だけのサムライ”と一蹴する伊紙「彼は選手名鑑の序列を……」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月22日(木)12時11分配信

今季も出場機会はわずか

日本のエースが、イタリアで苦しんでいる。本田圭佑擁するミランは20日にセリエA第5節ラツィオ戦を2-0で勝利したものの、“10番”はさしたる存在感を示すことなく終わってしまった。

この日も本田はベンチスタートだ。後半37分にようやくピッチへ投入されるも、ほとんどプレイに関与することができずに試合は終了。今季のリーグ戦は5試合全てで先発を外れ、そのプレイ時間は合計でたったの19分となっており、これではなかなか結果を残すことなど難しい。しかし現地から届く本田への評価は相変わらず厳しいものだ。伊『Gazzetta dello sport』は居場所の確保に苦しむ本田について次のように綴っている。

「本田の現状はかなり厳しく、練習場だけのサムライである。彼は選手名鑑の序列を改善しようと必死だが、少しマシなプレイがあった程度だ」

最近では同じレフティーの技巧派アタッカーであるスソの評価が高まっており、次第に忘れられた存在となりつつある本田。今夏にはプレミアリーグの複数クラブから関心を寄せられていたものの、本人がオファーを断り残留を決断したとされている。戦うことを選択したミランの10番は再びピッチ上の主役へと返り咲くことはできるだろうか。彼の奮闘に期待したい。

最終更新:9月22日(木)12時12分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]