ここから本文です

彼ならランパードの記録超えられる “復活の暴れん坊“を歴代得点ランク2位のレジェンドが絶賛

theWORLD(ザ・ワールド) 9/22(木) 14:40配信

200得点超えを目指せ

昨季は太りすぎと批判されるなど満足な結果を残せなかったが、今季のチェルシーFWジエゴ・コスタは一味違う。リーグ戦でここまで5得点を記録しており、ウェストハムのマイケル・アントニオと並んでリーグトップだ。

この活躍を喜んでいるのが、かつてチェルシーでプレイしたボビー・タンブリング氏だ。同氏はチェルシー歴代2位となる202得点を記録したレジェンドだが、コスタがこの記録に挑戦できると主張。自身の記録を塗り替えたMFフランク・ランパード(211得点)の記録も、コスタなら超えられるはずだと絶賛している。英『London Evening Standard』が伝えた。

「現在のチームでは、コスタが最もフランクの記録に近い選手だと思う。彼は素晴らしい選手で、いつでも得点を決めることができる。もちろん彼はチャンスメイクの部分をチームメイトに頼っているが、それは悪いことではない。コスタのような選手はあらゆる指揮官の希望リストに載るだろう。彼はスアレスではないが、彼の野心は素晴らしい。コスタはどの時代でも素晴らしいストライカーになれただろうね」

コスタはここまで84試合に出場して42得点を記録しているものの、さすがに200得点超えは遠すぎる。同氏は当然ながら長くクラブに留まる必要があると語っており、コスタにチェルシーでのプレイを続けてほしいようだ。

アントニオ・コンテの下でコスタは再び輝きを取り戻しているが、チェルシーの歴史に名を刻むストライカーになるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/22(木) 14:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合