ここから本文です

彼ならランパードの記録超えられる “復活の暴れん坊“を歴代得点ランク2位のレジェンドが絶賛

theWORLD(ザ・ワールド) 9月22日(木)14時40分配信

200得点超えを目指せ

昨季は太りすぎと批判されるなど満足な結果を残せなかったが、今季のチェルシーFWジエゴ・コスタは一味違う。リーグ戦でここまで5得点を記録しており、ウェストハムのマイケル・アントニオと並んでリーグトップだ。

この活躍を喜んでいるのが、かつてチェルシーでプレイしたボビー・タンブリング氏だ。同氏はチェルシー歴代2位となる202得点を記録したレジェンドだが、コスタがこの記録に挑戦できると主張。自身の記録を塗り替えたMFフランク・ランパード(211得点)の記録も、コスタなら超えられるはずだと絶賛している。英『London Evening Standard』が伝えた。

「現在のチームでは、コスタが最もフランクの記録に近い選手だと思う。彼は素晴らしい選手で、いつでも得点を決めることができる。もちろん彼はチャンスメイクの部分をチームメイトに頼っているが、それは悪いことではない。コスタのような選手はあらゆる指揮官の希望リストに載るだろう。彼はスアレスではないが、彼の野心は素晴らしい。コスタはどの時代でも素晴らしいストライカーになれただろうね」

コスタはここまで84試合に出場して42得点を記録しているものの、さすがに200得点超えは遠すぎる。同氏は当然ながら長くクラブに留まる必要があると語っており、コスタにチェルシーでのプレイを続けてほしいようだ。

アントニオ・コンテの下でコスタは再び輝きを取り戻しているが、チェルシーの歴史に名を刻むストライカーになるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月22日(木)14時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]