ここから本文です

エンポリに勝利してリーグ戦3連勝を決めたインテル、指揮官「我々は日々成長している」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月22日(木)17時30分配信

プレイスタイルの共通意識が芽生えてきた

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは21日、セリエA第5節でエンポリと対戦した。試合は、主将マウロ・イカルディの2ゴールでスコアを2-0としたインテルがエンポリに完封勝利。ユヴェントス戦に勝利した勢いで、リーグ戦3連勝を決めた。

試合後、指揮官フランク・デ・ブールがインタビューに応じ、次のように述べた。クラブの公式サイトが伝えている。

「今日の選手たちのパフォーマンスには満足しているよ。ただ、2点リードしてからは集中力が切れてしまったね。ユヴェントス戦でかなり体力を消耗してしまったから、後半は疲れが出てしまったのかもしれない。我々はプレイスタイルの共通意識が芽生えてきたし、日に日に良くなっている。敗れたハポエル戦から何か変わったかといえば、試合への入り方かな。インテルの監督になってから1ヶ月しか経ってないけど、選手たちとの信頼も深まってきたと思う。試合をこなしていくことで、我々は成長しているよ」

はたして、インテルはこのまま勢いに乗り、白星を積み重ねことができるのだろうか。次節は25日にホームのサン・シーロでボローニャと対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月22日(木)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。