ここから本文です

レフティーは右足を使う気がないのか ヴェンゲルが新戦力FWを称賛も「左足使う機会多すぎる」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月22日(木)18時30分配信

2得点は称賛も左足1本でのプレイに苦言

今夏デポルティーボからアーセナルに移籍したFWルーカス・ペレスは、20日に行われたリーグ杯ノッティンガム・フォレスト戦で2得点を記録。獲得された当初はもっと世界的に名の知れたFWの方が良かったのではとの声もあったが、ひとまずゴールという分かりやすい結果を残した。

英『TalkSport』によると、指揮官アーセン・ヴェンゲルもペレスの活躍を喜んでいる。ただし、左足を使う場面が多すぎることに苦言も呈しており、両足を使ってプレイしてほしいとの希望もあるようだ。

「ペレスは良かったね。彼は速いし、得点力もある。上手く左足を使っているよ。少し左足を使う機会が多すぎるけどね。右足を十分に使えていない。全てにおいて左足でやりたがる選手なのは分かったね」

「ただ、彼が決めた2点目は好きだよ。あの得点にはテクニックだけじゃなく、闘争心や決意があったからね」

同じくアーセナルに所属するFWのオリヴィエ・ジルーもレフティーで、基本的には左足しか使わない。これはレフティーの選手に多く見られるが、彼らはあまり逆足の右を使う考えがないようだ。

ヴェンゲルはもう少し右も使ってほしいようだが、ペレスは左足だけで結果を残していけるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月22日(木)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]