ここから本文です

マンUの中盤はピルロに任せた サポーターはレスター戦で35歳ベテランの起用を熱望

theWORLD(ザ・ワールド) 9/22(木) 19:20配信

リーグ杯で結果残す

21日にリーグ杯3回戦ノーサンプトン・タウンと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、3-1で勝利を収めた。カップ戦ということもあって指揮官のジョゼ・モウリーニョはメンバーを一部変更して臨んだが、最大の収穫は先制点も記録したベテランのマイケル・キャリックだろう。

英『METRO』によると、キャリックの活躍にサポーターからは週末のレスター・シティ戦でキャリックを先発で起用すべきとの声が挙がっている。これまではポール・ポグバ、マルアン・フェライニが中盤でコンビを組む機会が多かったが、フェライニを下げてキャリックを入れてほしいと願うサポーターが多くなっている。

サポーターからは、「キャリックとポグバは最高のパートナーになるはず」、「キャリックはマンUのピルロになるべきだ。そこにポグバとエレーラだ」といった声が挙がっており、ベテランのパフォーマンスはサポーターを満足させるには十分なものだったようだ。

今回マンUは格下のノーサンプトン・タウンに勝利したものの、リーグ戦ではマンチェスター・シティ、ワトフォードと連敗を喫している。24日のレスター戦も決して楽な試合ではなく、これまでのようなパス回しをしていては得点を奪うのに苦労するだろう。

モウリーニョはマンUのピルロを起用するのか。レスター戦は中盤の構成を決めるうえでも1つのカギを握る試合となりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/22(木) 19:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報