ここから本文です

なぜミランにこんなFWがいるのか 伊紙がイグアイン・イカルディ級の勝負強さ誇るエースを称賛

theWORLD(ザ・ワールド) 9/22(木) 19:40配信

前線で孤軍奮闘

先日おこなわれたインテルとユヴェントスの一戦では、インテルFWマウロ・イカルディが躍動した。今夏にはユヴェントスにゴンサロ・イグアインが加入したが、この一戦以降イカルディがイグアインと同じレベルのストライカーだと絶賛されている。

しかし、ミランのカルロス・バッカも決して負けてはいない。バッカはここまで5試合で5得点を挙げ、イカルディに次いで得点ランク2位につけている。欧州カップ戦への出場権すら持たないミランにバッカのようなストライカーが所属しているのは驚きだ。

伊『Calciomercato』もその凄さを伝えているが、同メディアが驚いているのは決定力の高さだ。バッカはミラン加入以降リーグ戦で23得点を挙げているが、枠内シュートは45本となっている。45本中23本がネットを揺らしていることになり、同メディアも悪くない数字だと決定力の高さを称賛している。

また、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOもバッカがイグアインとイカルディのレベルにあると主張しており、セリエAを代表するストライカーの1人になっている。後はミランの選手たちがバッカにどれだけチャンスを作ってあげられるかがポイントとなるが、バッカほどの選手がいればミランが上位に食い込むことも不可能ではないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/22(木) 19:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報