ここから本文です

働く女性ターゲットに 京急百貨店婦人雑貨フロアが22日新装オープン

カナロコ by 神奈川新聞 9月22日(木)8時15分配信

 京急百貨店(横浜市港南区)の3階婦人雑貨フロアが22日、リニューアルオープンする。10月に迎える開店20周年に向け、約2年前からほぼ全館で改装を進めてきた同店。装いを新たに、新規ターゲットである働く女性らの集客増を目指す。

 雑貨のほか、婦人靴や化粧品、アクセサリーなどで構成される同フロア。改装後は洋品雑貨、ハンカチ・靴下・革小物、ハンドバッグの各売り場を約1・3倍の広さに拡大し、「オゥ マルシェ」として展開する。マルシェはフランス語で市場の意味で、「市場のように人でにぎわい、忙しく働く人もわくわくできる空間をイメージした」と担当者は話す。

 販売員が客と対面して接客するポップアップコーナー「inマルシェ」や、バイヤーが厳選したセレクトコーナー、その場でハンカチに刺しゅうができる名入れ機械(有料)などを新たに設置。特に雑貨はギフト需要が高いとして、商品の詰め合わせができるギフトボックスも有料で用意する。

 3階婦人雑貨フロアは6月から婦人靴や化粧品売り場などで段階的に改装。「サボン」「ジェラートピケ」など計10のブランドを新たに導入した。

 同フロアの新装で、10月1日の開店20周年に向けたリニューアルは完了。担当者は「既存の40~60代のお客さまはもちろん、働く女性をはじめとした20~30代にとっても魅力ある店舗をつくっていきたい」と話している。 

最終更新:9月22日(木)8時15分

カナロコ by 神奈川新聞