ここから本文です

沖縄高江の現状、バーで考えよう 24日、報告会

カナロコ by 神奈川新聞 9/22(木) 12:40配信

 米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事を巡って揺れる、沖縄県東村高江地区の最新報告会が24日、横浜市中区野毛町のショットバー「旧バラ荘」で開かれる。

 主に首都圏で8年間にわたって高江の人たちの活動を支援する「ゆんたく高江」のメンバーで、8月に現地で座り込みに参加した浦野薫さんが報告する。

 主催は、店主の相馬創さんと常連客らでつくる「野毛デモクラシイ横丁」。ゆんたく高江の共催。報告の後、質疑応答に続いて泡盛で語り合う。

 午後7時半から。参加費は1500円(チャージ、資料代)。問い合わせは、相馬さん電話090(8944)6476。

最終更新:9/22(木) 12:40

カナロコ by 神奈川新聞