ここから本文です

イメチェン狙い、和歌山の柿がラップに

Lmaga.jp 9月22日(木)14時0分配信

実は日本一の収穫量を誇る和歌山県産の柿。その認知拡大・販売促進を狙って、JAグループ和歌山と柿消費拡大対策事業協議会がキャンペーンを実施中。公式サイトにて、女性ラッパー・DJみそしるとMCごはんによるテーマソングが公開されている。

DJみそしるとMCごはんは、「おいしいものは人類の奇跡だ!」をモットーに音楽と料理の新たな楽しみ方を提案するソロの女性くいしんぼうラッパー。今回のテーマソング『KAKIで今夜はPARTY!!』では、簡単でおいしい「KAKI合わせ」料理のレシピや柿の豆知識をキュートに紹介。みそしるごはんは、「楽曲では様々なKAKI合わせ料理が登場しますが、そのなかでも『柿ミルフィーユ』は、私が打ち合わせの最中にハッと思いついた料理なんです!味だけでなく見た目もかわいいのでぜひ作ってみてくださいね」とコメント。

また、協議会長をつとめる亀井憲一さんも、「人気アーティストのDJみそしるとMCごはんさんによる柿の栄養素やオリジナル柿レシピが歌詞になった楽曲や、オリジナルハロウィンシールなどで柿の新しい食べ方や楽しみ方を提案してまいります」と意気込む。本キャンペーンは2014年より継続して取り組んでいるが、今回のラップ曲で世間のイメージをKAKI変えることができるか。関係者の期待は高い。

最終更新:9月22日(木)14時0分

Lmaga.jp