ここから本文です

「予選でのトラブルは再発しない」とベッテル。今季のアップデート投入も明言

オートスポーツweb 9/22(木) 12:12配信

 セバスチャン・ベッテルは、F1シンガポールGPで発生したサスペンショントラブルは、再発が防止できるものだと確信している。 

シンガポールの“ドライバー・オブ・ザ・デー”は、最後尾から追い上げたセバスチャン・ベッテルに

 ベッテルのマシンには予選Q1で問題が発生し、最下位に終わった。チームはアウトラップの時点でトラブルを把握していたものの、修復し、再度タイムを記録するだけの時間はなかった。グリッド後方からのスタートにもかかわらず、5位でレースを終えたベッテルは、予選を以下のように振り返る。

「リヤサスペンションにメカニカルトラブルが発生していた。もしすぐにピットへ戻ったとしても、修復は難しかっただろう。残念ではあったけれど、問題については理解した。この部分を再設計するか、強化するかを確認しなければならないが、再発することはないと確信している」

 フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、最近になってチームが目標を達成できずにいることを認め、2017年に向けて集中しているとの発言をしている。シンガポールGP終了時点のコンストラクターズ選手権では、フェラーリは2位のレッドブルに15点差をつけられており、不利な状況が続く。しかしベッテルは週末のスピードに勇気づけられたと話している。またチームは今シーズンを諦めてはおらず、まだ新たなパーツを投入する予定があるという。


「すべてを正しい状態にすることができれば、力強いパッケージになることはわかっている。それができなかったレースが多くあった。何戦かは僕らに原因があり、何戦かは思うような状況にならなかった。まだ望む位置に行けずにいるし、ペースもまったく望みどおりではないけれど、自分たちを信じる」

「シンガポールでは全体的に(目標に)近づけていたから競争力を期待した。そうなっていれば、確実に優勝か表彰台をかけて戦えていただろう。残念ながら2台とも期待通りにはならなかったが、前進できたことが自信につながったと考えている。まだこれから投入予定のパーツも少しあるし、僕らは戦うためにいるのだから、そうしていくつもりだ」

 新たに投入予定とされているパーツについて、アリバベーネは「残り6戦でコンストラクターズ選手権2位につけるためには、当然ながら改善が必要だ。特別なことではないし、それが我々のすべきことだ」と述べている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/22(木) 12:12

オートスポーツweb