ここから本文です

韓国最大手の海運会社が破綻…世界的に物流混乱

読売新聞 9月22日(木)19時52分配信

 【ソウル=宮崎健雄】韓国最大手の海運会社「韓進(ハンジン)海運」が8月末に経営破綻し、港湾での荷役作業を拒否されるなどして出入港ができず、同社の貨物船が立ち往生している。

 22日までに相次いで資金支援の方針が固まったが、なお流動的な面も多い。世界に広がる物流の混乱は、少なくとも2~3か月間、続く見通しだ。

 韓国政府によると10日には、同社が保有するコンテナ船97隻のうち77隻が公海上で立ち往生するなどし、33万7504TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分)の貨物が「漂流」する事態となった。聯合ニュースによると、約140億ドル(約1兆4000億円)に達する量という。

 同社の貨物の約9割は米国や中国などの海外向け。とりわけ、12月のクリスマス商戦などを控える米国向けの影響が大きい。

最終更新:9月23日(金)1時6分

読売新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]