ここから本文です

古巣・広島に続け!マエケンが所属するドジャースも地区優勝目前

ベースボールキング 9月22日(木)16時30分配信

 広島が10日に25年ぶりにリーグ優勝に輝いた。ポスティングシステムを利用して広島からメジャーに挑戦した前田健太が所属するドジャースも現地時間21日に行われた、2位ジャイアンツとの直接対決を制し、優勝マジックナンバーは「5」。地区優勝が目前だ。

 21日のジャイアンツ戦では、先発した前田が初回に先制を許すも、その裏打線がエイドリアン・ゴンザレス、前田のタイムリー、ヤシエル・プイグの3ランで5点を奪い逆転に成功する。攻撃の手を緩めないドジャースは、2回と5回に1点、3回に2点を挙げ試合を決めた。5回を2失点に抑えた前田は16勝目を挙げ、12年にダルビッシュ有(レンジャーズ)が記録した日本人1年目の最多勝利数に並んだ。

 地区優勝目前のドジャースだが、今季は故障者が相次いだ。現在復帰しているが、エースのクレイトン・カーショーは椎間板ヘルニアで約2カ月半チームを離れた。さらに柳賢振、アレックス・ウッドといった投手陣が故障で離脱。

 そんな苦しいチーム状況の中、今季から加入した前田はチームトップの16勝を挙げ、エース級の活躍を見せる。またシーズン途中にアスレチックスから獲得したリッチ・ヒルも、10日のマーリンズ戦で7回パーフェクトの好投を見せるなど、12勝(アスレチックスで9勝、ドジャースで3勝)をマークし先発陣を支えた。

 一方打線は、昨季メジャーデビューを果たしたコリー・シーガーが、2番に定着し大ブレイク。ここまで140試合に出場して、打率.317、25本塁打69打点の成績を残す。3番のジャスティン・ターナーも27本塁打86打点を記録し、4番のエイドリアン・ゴンザレスも良い働きを見せる。

 勝ち頭だったグレインキーが昨オフにダイヤモンドバックスへ移籍し、エースのカーショーが離脱した時期があった中で、地区首位に立つドジャース。古巣・広島に先を越されたが、前田が所属するドジャースも地区優勝がいよいよだ。

BASEBALL KING

最終更新:9月22日(木)16時30分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]