ここから本文です

90カ所で一斉赤ランプ 石川県警、秋の交通安全運動始まる

北國新聞社 9月22日(木)3時14分配信

 秋の全国交通安全運動が始まった21日、石川県警は夕方から夜にかけて、赤ランプ作戦を県内の主要交差点90カ所で一斉に行った。全12署の警察官と街頭交通推進隊の約1060人が出動し、ドライバーに安全運転を促した。

 小松市の国道園町交差点では、小松署員ら約20人が赤色合図灯を振り、運転手に法定速度の順守を呼び掛け、赤色灯をつけたパトカーが巡回し、「見せる活動」を行った。森内彰県警本部長が訪れ、参加者を激励した。

 県警の白バイ・パトカー出動式は県警本部前で行われた。近藤和秀交通部長の訓示に続き、交通機動隊と高速隊員約20人が巡回に出発した。県交通安全推進協議会は金沢市のめいてつ・エムザ前で買い物客らに啓発チラシを配った。交通安全運動は30日まで。

北國新聞社

最終更新:9月22日(木)3時14分

北國新聞社