ここから本文です

アトレティコ主将ガビ、バルサとのドローに満足「勝ち点1は良いこと」

SOCCER KING 9/22(木) 15:36配信

 リーガ・エスパニョーラ第5節が21日に行われ、アトレティコ・マドリードはバルセロナと対戦し、1-1で引き分けた。試合後、同クラブでキャプテンを務めるスペイン人MFガビがコメントを残した。スペイン紙『マルカ』が22日に伝えている。

 先制点を奪われながらも、61分にFKの素早いリスタートから、アルゼンチン代表FWアンヘル・コレアがネットを揺らし同点に追いついたアトレティコ・マドリード。その後はバルセロナにゴールを許さず、敵地での一戦で勝ち点1を手にした。

 同試合でフル出場を果たした主将ガビは、「アトレティコはいつも勝利を目指している。でも勝ち点1は良いことだ」とコメントを残し、カンプ・ノウでのドローに一定の満足感を示した。

 ガビはさらに、「守備が良かった。後半はもっと良くプレーできたと思うけどね。よく守って、それが勝ち点1を持ち帰ることに繋がったと思う」と発言。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSN”を中心としたバルセロナの強力な攻撃に耐えた守備を称えた。

 リーグ開幕から2試合で勝利をつかむことができず、不安なスタートとなったアトレティコ・マドリード。しかし結局、開幕5試合で黒星は喫しておらず、順位も4位まで上げてきた。次節以降の戦いにも注目が集まる。

 アトレティコ・マドリードは25日、ホームでリーグ第6節のデポルティーボ戦に臨む。

SOCCER KING

最終更新:9/22(木) 15:38

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]