ここから本文です

年内復帰を目指す内田、10月4日の再検査に「手応えは少しある」

ゲキサカ 9/22(木) 19:00配信

 長引く右膝の負傷から復帰を目指すシャルケDF内田篤人が、自身の現状や低迷するチームについて語った。クラブ公式ツイッターが動画を投稿し、内田のコメントを伝えている。

 昨年6月に右膝を手術し、2015-16シーズンは1試合も出場できずに終わった内田。長期離脱からの復帰を目指す中、20日にドイツ『WAZ』でアクセル・シュスターSDが「内田は10月4日にもう一度検査を行う」と明かし、結果次第ではチーム合流も認められると報じられていた。

 この報道に関して内田は「これだけ長いこと離れていますけど、手応えは少しあるので、10月4日というのが一番大事な検査かな。大きなポイントだと思います。俺の中では。(検査結果が)良いと悪いとでは今後の復帰の目処とか早さが変わってくるので」とコメント。10月4日の検査結果が大きなポイントになると、自分の口で改めて説明した。

 内田不在のシャルケは、21日のブンデスリーガ第4節ケルン戦で1-3の敗戦を喫し、現在4戦全敗で降格圏内の17位。内田は低迷するチームについても語っている。

「試合に出ていない選手があまり口を開くべきじゃないけど」と前置きした内田は「スタートでこけるとなかなか厳しいかなと。うまくいかない時にどうやっていくかっていうのは、もともと長く在籍している選手中心にやっていくしかないですね。日程は止まってくれないから。うちはヨーロッパリーグもありますし、切り替えていかないといけないですね」と冷静な口調で話した。

最終更新:9/22(木) 19:01

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。