ここから本文です

恩返し弾の千葉FW船山 古巣との一戦は「面白かった」けど…

ゲキサカ 9月22日(木)22時30分配信

[9.22 天皇杯3回戦 川崎F4-1(延長)千葉 等々力]

 昨季まで川崎Fに在籍したジェフユナイテッド千葉FW船山貴之が、古巣相手に恩返し弾を突き刺した。

 1点をリードされて迎えた後半6分、DF阿部翔平のスルーパスから左サイドを駆け上がったMF井出遥也のグラウンダーのクロスに対し、ニアサイドに走り込むとワンタッチで合わせてネットを揺らした。「遥也がすごく良いパスをくれたので、自分は触るだけだった」と恩返しとなる得点を振り返った。

 価値ある一発を決めたものの、「他にもチャンスがあって得点を決められる場面があった」と好機を生かし切れなかったことに唇を噛む。悔やまれるのは前半42分の場面。中盤で相手のパスミスをカットすると、スピードを上げて前線まで運んだ。PA内まで持ち込んで右足シュートを狙ったが、GK新井章太の好セーブに阻まれてゴールを記録することはできなかった。「決め切るところをしっかり決めていれば…」と声を落とした。

 古巣との一戦は「相手も自分の特長を知っているので、そう簡単にはいかないと思っていたけど、1年間戦った仲間なので面白かった」。しかし、J1年間首位を走るチームを苦しめながらも、勝利できなかったことに「(結果は)非常にもったいないと思う」と語った。

最終更新:9月22日(木)22時30分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]