ここから本文です

49歳カズが最年長出場記録を更新!!横浜FCは延長戦制し16強

ゲキサカ 9/22(木) 22:47配信

[9.22 天皇杯3回戦 長野2-3(延長)横浜FC パロ瑞穂]

 天皇杯は22日、各地で3回戦を行い、J2の横浜FCがJ3のAC長野パルセイロを延長戦の末、3-2で下し、2008年度以来、8大会ぶりの16強入りを決めた。

 今月3日の2回戦でJ1名古屋を1-0で撃破した長野は2試合連続の“ジャイアントキリング”を狙い、立ち上がりから積極的に攻勢をかけた。前半26分にはDF夛田凌輔が左サイドを突破。クロスが逆サイドに流れると、MF山田晃平のシュート性の折り返しに走り込んだFW塩沢勝吾が右足で押し込み、先制に成功した。

 1点を追う横浜は後半5分に同点に追いつく。DF市村篤司が前線にアーリークロスを送ると、こぼれ球をFW大久保哲哉が流し込んだ。しかし、長野はわずか1分後にFWコンハードがカウンターからドリブルで持ち込み、右足でシュート。再び2-1と勝ち越した。

 またもビハインドを負った横浜FCは後半14分にFWイバを投入。すると後半22分、波状攻撃からMFグエン・トゥアン・アインが長野FW宇野沢祐次に倒され、PKを獲得する。キッカーはイバ。豪快に左足を振り抜き、2-2の同点に追い付いた。

 逆転を狙う横浜FCは後半28分、MFロク・シュトラウスに代えてFW三浦知良を投入する。カズが天皇杯のピッチに立つのは2011年10月8日の天皇杯2回戦松本戦以来、5シーズンぶり。49歳6か月27日の天皇杯最年長出場記録を更新した。後半32分にはPA内でイバが胸で落としたボールをカズが狙ったが、シュートはDFがブロック。試合は2-2のまま延長戦に突入した。

 そして迎えた延長前半11分、横浜FCは右後方でFKを獲得すると、MF内田智也のクロスにアインが頭で合わせ、3-2と逆転に成功した。延長後半は守備を固め、カズも体を張ってシュートをブロックするなど、長野の怒涛の反撃を跳ね返し、リードを守り切った。

 試合後のインタビューで最年長出場記録更新を祝福されたカズだが、「ただグラウンドに立っているだけではダメ。年齢に関係なく、もっといいプレーをしないと、ピッチに立つ意味がない」と厳しい言葉を選び、「試合に出たときはゴールするつもりで、良いプレーをしたい」と、力強く話していた。

最終更新:9/22(木) 22:47

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。