ここから本文です

3部クラブを圧倒できなかったEFL杯を振り返るキャリック「だらしないプレーをしたツケだ」

ゲキサカ 9/22(木) 23:15配信

 マンチェスター・ユナイテッドは21日、EFL杯(イングランドリーグ杯)3回戦でノーサンプトン・タウン(3部相当)を3-1で下し、4回戦進出を決めた。この試合で今季の公式戦初出場を果たし、約8か月ぶりのゴールも挙げたMFマイケル・キャリックのコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 公式戦3連敗中のユナイテッドは前半16分、PA外のこぼれ球をキャリックが蹴り込み、先制に成功。キャリックは自身約8か月ぶりのゴールを「あまり点を取る機会もないし、最近は決めていなかったからね。だから嬉しかったよ」と振り返ったが、ユナイテッドは前半の終盤にPKを献上して同点に追いつかれ、1-1で折り返した。

 優勢に進めながら1ゴールにとどまり、さらに同点弾も許したことで、ドレッシングルーム内の空気は重かったようだ。キャリックは「(みんな)フラストレーションが溜まっていた」とハーフタイム中の雰囲気を明かし、「些細なことだけれど、もっとやれていたことはあった。だらしないプレーをしたツケだよ。自分たちで厳しい状況を作ってしまったんだ」と責任は自チームにあったと説明した。

 それでもユナイテッドは後半に2点を重ね、3部クラブを振り切った。キャリックは流れを変えることができた要因として、後半23分に勝ち越し弾を奪ったMFアンデル・エレーラの存在を挙げている。

「個人のパフォーマンスで流れが変わった。アンデルが右足で決めたゴールは素晴らしかったし、あのゴールで2-1と勝ち越せた。彼のプレーで良い状況に変わって、試合を決められた」

 エレーラの鮮やかなミドルで再びリードしたユナイテッドは後半30分、FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで突き放し、3-1で勝利。フル出場で貢献したキャリックは「先週は悪い結果が続いてしまった。でも、これでシーズンが終わるわけではないからね。負けた後、どういう反応を見せるかが重要なんだ。開幕から3試合、4試合までは良いプレーができていたから、また勝ちたいね」と、今後もいいパフォーマンスを続けていきたいと話した。

 ユナイテッドは24日、プレミアリーグ第6節でホームにレスター・シティを迎える。「土曜は大きな試合だし、正しい方向に戻したい。シーズン終盤、魅力的なチームでありたい」。キャリックはEFL杯の勝利を弾みに、リーグ戦3試合ぶりの白星を誓った。

最終更新:9/22(木) 23:26

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。