ここから本文です

三厩14棟全焼、実況見分で火元の特定急ぐ

Web東奥 9月22日(木)21時20分配信

 21日に青森県外ケ浜町三厩龍浜で住宅など14棟が全焼し、焼け跡から1人の焼死体が見つかった火災で、外ケ浜署などは22日、行方が分からなくなっている無職神初男さん(64)方別棟の浴室周辺を中心に実況見分で重点的に調べた。神さんは21日に浴室近くでごみ焼き容器をのぞき込む様子を付近住民によって目撃されており、同署は火元の特定を急いでいる。
 現場周辺の住民によると、これまでに何度か筒状容器で家庭ごみを燃やしている神さんが目撃されている。
 実況見分では浴室近くから筒状容器が見つかり、捜査員らが容器の中の燃えかすを入念に確認。同署は火元かどうか慎重に調べている。
 同署によると、神さんの行方は依然不明。23日以降に遺体の司法解剖を行い、身元の特定を急ぐ。
 実況見分は被害者ら地元住民ら20人以上が見守る中、22日午前9時半すぎから行われた。
 同署や青森消防本部などの関係者が現場に立ち入り、全焼した住宅や小屋などを調べた。
 火災は21日午前8時20分ごろ、付近住民が出火に気付いて約5時間半後の同日午後1時55分に鎮火した。複数の住民によると、出火当時ヤマセが海側から山側に吹いていたという。

東奥日報社

最終更新:9月23日(金)8時51分

Web東奥