ここから本文です

「Apple Watch Series 2」は内部の改良で初代より修理が容易--iFixitの分解レポート

CNET Japan 9月22日(木)7時30分配信

 iFixitは、9月16日の発売当日に新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」を入手し、分解レポートを公開した。内部は部品が詰まっているものの、初代モデル「Apple Watch」よりは分解しやすくなっており、「Repairability Score」(修理容易性スコア)を10段階評価で6(10が最も修理しやすいことを表す)とした。

 Apple Watch Series 2は初代モデルと同じく38mmと42mmの2サイズ用意されており、今回iFixitが分解したのは38mmモデル。外見は初代とほとんど変わらない。しかし、内部は大きく異なり、はんだ付けされたコネクタは基板の一方に集められ、容易に外せるZIFコネクタも使われているため、分解が比較的しやすいという。

 水深50メートルまでの耐水仕様とするため、接着剤が多用され、ガスケットやOリングも使われている。「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」同様、外部の大気圧とボディ内の気圧を等しくする調整機構である気圧ベントと思われるゴム製プラグも取り付けられていた。

 バッテリのスペックは、3.77V、273mAhで、容量1.03Wh。初代モデルに比べ32%強力だが、Appleによるとバッテリ駆動時間はいずれも18時間で変わっていない。その理由について、iFixitは新たに対応したGPSの消費電力が大きい影響とみている。

 搭載されていたNFCコントローラは、iPhone 7およびiPhone 7 Plusと同じ「NXP 67V04」。

 なお、今回iFixitの分解チームは「東京(での発売)はカリフォルニアに比べ16時間早いし、Apple Storeもあるから」という理由で、東京まで出張してApple Watch Series 2を分解した。「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の分解も、同様に東京で実施した。

最終更新:9月22日(木)7時30分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]