ここから本文です

「万里の長城が台無し」 コンクリートでの補修に非難殺到

CNN.co.jp 9月22日(木)9時42分配信

(CNN) 中国で700年の歴史を持つ万里の長城の一画をコンクリートで塗り固めて補修した写真が21日の地元メディアに掲載され、非難の的になっている。

問題の遊歩道は遼寧省と河北省の境界付近にある。ニュースサイトの新浪によると、地元自治体の文化財局の指示により、壁をコンクリートで覆って塗り固めた。この区画は傷みがひどく、一般の立ち入りが禁止されていたという。

工事が行われたのは2014年だが、最近になってマスコミやソーシャルメディアに写真が出回って注目を浴びた。短文投稿サイトの微博(ウェイボー)では「最も美しい万里の長城が押し潰された」という話題に批判の声が集まっている。

万里の長城協会の幹部はこの修復作業について「あまりにひどい」とコメント。「万里の長城の本来の外観を損ね、人々から歴史を奪った」と述べ、万里の長城の修復は中国政府が統制する必要があると指摘した。

「地元自治体に悪意はなく、長城のれんが積みを修復したかったのだろうが、結果はその逆になった」とも述べている。

万里の長城の観光開発には2006年以来、厳格な規制が敷かれていた。

最終更新:9月22日(木)16時52分

CNN.co.jp