ここから本文です

米アップルが英マクラーレンに出資目指す、リット買収も協議-関係者

Bloomberg 9月22日(木)1時46分配信

米アップルは高級車メーカーの英マクラーレンへの出資を目指すとともに、電動バイクを手掛ける新興企業リット・モーターズを買収する方向で交渉している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

関係者1人が匿名を条件に語ったところによれば、アップルはマクラーレンを完全買収するよりも、大型出資を目指す可能性が高い。別の関係者によれば、アップルはリット・モーターズについては、国際的な自動運転特許を複数所有しているため買収したい意向。ドイツのBMWやアウディ、韓国の自動車メーカーもリット買収を積極的に目指しているという。

「iPhone(アイフォーン)」に代わる新たなヒット商品を生み出したいアップルは、多数のエンジニアを自動車の設計に取り組ませており、早ければ2020年の発表を目標としている。アップルの意向を知る複数の関係者によると、ここ数カ月は自動運転ソフトに注力してきた同社だが、独自の自動車製造や有力自動車メーカーとの提携に向けた取り組みも断念していないという。約20万ドル(約2000万円)以上のスポーツカーを手掛けるマクラーレンへの出資が実現すれば、同社のブランド力や先進技術、特許ポートフォリオにアクセスできる。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は先に、アップルがマクラーレンの全面買収か持ち分取得を検討中だと報じた。米紙ニューヨーク・タイムズは先にアップルがリット・モーターズと交渉中だと伝えた。

マクラーレンはアップルとの交渉を否定。アップルとリット・モーターズ、BMW、アウディはコメントを控えた。FTによれば、マクラーレンは10億ー15億ポンド(約1300億-1960億円)と評価される可能性が高い。

原題:Apple Said Seeking McLaren Stake, in Talks to Buy Lit Motors (2)(抜粋)

Dinesh Nair, Mark Gurman, Adam Satariano

最終更新:9月22日(木)11時50分

Bloomberg