ここから本文です

ゲームフリークの2D物理パズルアクション『GIGA WRECKER』大型アプデが実施!新ステージ「ダルシャナ研究所」追加

インサイド 9月23日(金)7時30分配信

ゲームフリークは、PC『GIGA WRECKER(ギガレッカー)』の大型アップデートを実施しています。

【関連画像】

『GIGA WRECKER』は、Steamでアーリーアクセスタイトルとして配信されている2D物理パズルアクションゲームです。本作では、謎のロボット軍団「アジート」に支配された世界を舞台に、半人半機の改造人間「烈景寺レイカ」が人間の尊厳を取り返すため戦いを繰り広げます。

◆アップデート内容

■新ステージ「ダルシャナ研究所」追加
新たなギミックと敵が存在する、アジートの研究施設「求道伽藍(きゅうどうがらん)・ダルシャナ」が登場。

今回のステージでは、博士の助手「白神(しらがみ)シオリ」がステージ攻略をサポートします。

■新ボス「アストラ・カドルー」追加
新しいステージの最後に待ち受けるのは、ロボット軍団の科学長官「アストラ・カドルー」。彼女はどのような攻撃をしかけてくるのでしょうか。

■その他アップデート
新しい収集要素「設計図」が実装。武装の見た目を切り替えられます。さらに、自機の移動、ジャンプなど、基本挙動の調整が行われました。

レベルエディターで、新しいギミックや研究所関連のオブジェクトを配置できるようになりました。また、同じくレベルエディターで、ステージのテーマが選択できるようになりました。背景とBGMを変更できます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『GIGA WRECKER』は、早期アクセスタイトルとしてSteamにて配信中。価格は1,480円(税込)です。

※掲載の写真・仕様は開発中のものであり、正式版とは異なる場合があります。

(C) 2016 GAME FREAK inc.

最終更新:9月23日(金)7時30分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。