ここから本文です

坂本慎太郎 x VIDEOTAPEMUSIC、stillichimiyaが『バンコクナイツ』をトリビュート

CDジャーナル 9/23(金) 17:47配信

 “映画館に観客をとりもどす”を掲げる映画製作集団「空族(くぞく)」の最新劇映画『バンコクナイツ』(www.bangkok-nites.asia)が、2017年2月下旬より東京・テアトル新宿ほかにて全国順次ロードショー。タイ人娼婦と出会った日本人男性の夢を描く同作の公開に先駆け、映画のトリビュート2作品がエム・レコードよりリリースされます。いずれもエム・レコードのタイ音楽アーカイヴ・シリーズの音源をサンプリング使用する条件で制作され、リリースは12inchヴァイナルのみ。

 12月10日(土)発売予定の第1弾は、坂本慎太郎 x VIDEOTAPEMUSICによる「バンコクの夜」(EM1158TEP 1,800円 + 税)。坂本慎太郎「悲しみのない世界(You Ishihara Mix)」のミュージック・ビデオ(youtu.be/wiYKQ87P9PE)制作をきっかけに交流が始まった坂本慎太郎とVIDEOTAPEMUSICの初連名単独リリース作品となります。A面「夢で見た町」は、坂本慎太郎の作品ではおなじみの中村楓子をヴォーカルにフィーチャーした“麻薬的長尺曲”。B面には「バンコクの夜」「ディスコ・バンコク」と題したインストゥルメンタルのエキゾ・エレクトロ・チューンと「夢で見た町」のインスト・ヴァージョンが収められ、歌詞は日本語と英語を掲載。装丁は坂本慎太郎自身が手がけるもの。

 2017年1月21日(土)発売予定の第2弾は、映画『サウダーヂ』から空族映画との関わりが深い盟友とも言うべきラップグループstillichimiya(スティルイチミヤ)による「バンコクナイツ」(EM1159TEP 1,800円 + 税)。タイ東北部・イサーンが生んだ大スター、ダオ・バンドンのルークトゥン名曲「水牛に乗る人」大ネタ使いでラップ・カヴァーした仕上がりとなっている模様。B面には同楽曲のインスト・ヴァージョンとCOMPUMA(松永耕一)によるリミックス・トラックを収録。「バンコクの夜」同様にリリックは日本語・英語で掲載し、装丁はMMM(stillichimiya / スタジオ石)が担当。

 両作品とも、“夢と現(うつつ)が交錯し、タイ~バンコク~イサーンとは何なのかを音で貴方に問いかける”作品となっています。作品の詳細はEM RECORDSのウェブサイト(emrecords.shop-pro.jp)をご覧ください。

最終更新:9/23(金) 17:47

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]