ここから本文です

ブラピの児童虐待疑惑、警察が否定 アンジー離婚決意の一因と報道

AFP=時事 9月23日(金)5時8分配信

【AFP=時事】米女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)から離婚を申請された俳優ブラッド・ピット(Brad Pitt)が、児童虐待容疑で捜査対象になっているとの報道について、米ロサンゼルス(Los Angeles)市警は22日、そのような通報を受けた事実はなく、捜査も行われていないと否定するコメントを出した。

【写真】子どもたちと羽田空港に到着したピットとジョリー

 一部のメディアは20日、ピットが怒りを爆発させた際に、6人の子どものうち少なくとも1人に対して暴力的な言葉を発したり身体的な虐待を行ったりし、この問題がジョリーによる離婚申請の一因となったと伝えていた。

 米芸能情報サイトTMZは、関係筋の話として、虐待騒ぎが起きたのはプライベートジェットの機内で、ピットは当時、酒に酔っていた可能性もあると報道。児童家庭サービス課に寄せられた匿名の通報に基づき、ロサンゼルス市警が、児童虐待の通報があった場合に必ず実施される捜査を、ピットに対して開始したと伝えている。

 だが警察関係者はAFPに対し、「われわれの記録には、ブラッド・ピットに関する通報の報告はなく、ピットに関する捜査は行っていない」と断言。またロサンゼルス郡の児童家庭サービス課も、いかなるメディアに対してもピットに関する通報があったことを認めた事実はないと否定した。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月23日(金)17時37分

AFP=時事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。