ここから本文です

JR加古川線 260メートルオーバーラン

関西テレビ 9月23日(金)12時57分配信

22日夜、兵庫県加東市にあるJR加古川線の滝野駅で普通電車がおよそ260メートルオーバーランしました。

運転士は「考えごとをしていた」と話しています。


22日午後11時半ごろJR加古川線の滝野駅で加古川発西脇市行きの普通電車がホームで停車せずにおよそ260メートル行き過ぎました。

男性運転士(38)は踏切が誤作動するおそれがあると考えてホームに引き返さずおよそ1キロ離れた次の滝駅に向かいました。

乗客15人のうち7人が滝野駅で降りる予定でしたが滝駅などで降りたということです。

乗客にケガはありませんでした。

運転士は「考え事をしていて、ブレーキ操作が遅れた」と話しています。

最終更新:9月24日(土)1時13分

関西テレビ