ここから本文です

松山英樹、小技で引き寄せた首位発進 ショットの不満は変わらず…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月23日(金)8時21分配信

◇米国男子◇ツアー選手権byコカ・コーラ 初日(22日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7385yd(パー70)

最終戦が開幕!米PGAツアーフォトギャラリー

「やっぱりバンカーショットとパッティングだと思う」。松山英樹は、開幕前から嘆いていたショットの不振をショートゲームで挽回し、絶好のスタートに結びつけた。前半4番からの3連続を含む6バーディ、2ボギーでプレーし、3回目の出場で大会自己ベストの4アンダー「66」をマーク。ツアー2勝目を挙げた2月「WMフェニックスオープン」以来となる首位発進を決めた。

スタッツも「ショートゲームに助けられた」という内容を顕著に表している。バンカーに4回入れたが、サンドセーブ率(パーより良いスコアで上がる確率)は100%を記録。うち2ホールでバーディをマークした。スコアに対するパットの貢献度を示すストローク・ゲインド・パッティングは「3.813」で、全体1位だった。

出だしの1番は1Wでフェアウェイに運び、166ydの2打目をピン右2mにつけてバーディ発進。2番(パー3)はラフからのアプローチを寄せきれずボギーとしたが、4番、5番といずれも5mを決め、6番(パー5)ではガードバンカーから1m弱にからめて3連続バーディ。リーダーボードを駆け上がった。

序盤はバーディラッシュの波にも乗り、ショットの復調を感じてもいたが、1打目を右のラフに曲げ、2打目をグリーン奥の池に入れた8番あたりから「おかしくなった」とイメージ通りの軌道を描かなくなる。それでも、4打目で乗せた3.5mをねじ込んでボギーとし、傷口を最小限に抑えて上位に踏みとどまった。

後半も1W、アイアンともにフィニッシュが決まらないシーンが目立ったが、久々にチャンスがめぐってきた14番で3mを沈めて5つ目。17番、最終18番(パー5)と2打目をガードバンカーに落としたものの、いずれも1m強にピタリと寄せてバーディフィニッシュとし、初日の首位の座を確保した。

一方で、ショットへの不満は変わらない。フェアウェイキープ率(71.43%)こそ全体1位を記録したが、ティグラウンドで納得の表情を残したのは数えるほど。「ショットは全然ダメ。まだ、何をすればいいのか分からない」と辛らつな自己評価を下し、足早に薄暮のドライビングレンジへと移動した。(ジョージア州アトランタ/塚田達也)

最終更新:9月23日(金)11時15分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]