ここから本文です

〔ロンドン株式〕4日続伸(22日)

時事通信 9月23日(金)1時30分配信

 【ロンドン時事】22日のロンドン株式市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ見送りを好感して資源株などの幅広い銘柄に買いが入り、全面高の展開となった。FT100種平均株価指数は前日比76.63ポイント(1.12%)高の6911.40と、4営業日続伸して終了。終値ベースで6900台に乗せるのは8月15日以来約1カ月ぶり。
 この日は高寄り後に上昇を続け、午前10時半すぎに6900台に乗せた。午後に入ると年初来高値に迫る6937.33まで上昇したが、引けにかけて急速に値を削った。
 英IGグループのアナリスト、ジョシュ・マホニー氏は「FRBは期待通りの結果だった。株価はしばらくこの調子が続くのではないか」と予想した。
 個別銘柄では、資源大手グレンコアが5.48%高。産金大手フレスニーヨは5.20%高、産金大手ランドゴールド・リソーシズは4.36%高、産銅大手アントファガスタは4.31%高。
 資源大手BHPビリトンは4.14%高。鉱業大手アングロ・アメリカンは3.58%高、資源大手リオ・ティントは3.28%高と、資源株が値上がり銘柄の上位をほぼ独占した。
 一方、英金融大手HSBCホールディングスは1.94%安、英ビジネス情報会社インフォーマは1.30%安、製薬会社シャイアーは1.07%安、英教育・メディア大手ピアソンは1.02%安と売られた。

最終更新:9月23日(金)2時26分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]