ここから本文です

浦沢直樹が企画・演出・音楽を担当した「BILLY BAT」の映像公開

コミックナタリー 9月23日(金)0時30分配信

浦沢直樹「BILLY BAT」の完結20巻が、本日9月23日に発売された。これを記念し、浦沢自ら企画・演出・音楽を担当した60秒のショートムービーを制作。Webサイト・モアイにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この映像は、実際に壁面などに描かれた約600枚ものコウモリのキャラクター・BILLYの写真を、パラパラマンガのようにつなぎ合わせたもの。浦沢が映像のコンセプト原案などを担当し、キャラクターの動きも監修した。さらにBGMは浦沢が作曲し、ギターとパーカッションなど本人の演奏で収録。映像は9月22日深夜から24日深夜まで、渋谷のスクランブル交差点の大型ビジョンでも放映される。

長崎尚志がストーリー共同制作を務めた「BILLY BAT」は、時代や場所を超えて出現する、謎のコウモリをめぐるSFミステリー。アメリカの人気マンガ「ビリーバット」シリーズの作者ケヴィン・ヤマガタ、その後を継いだケヴィン・グッドマンを軸に、人類の過去・現在・未来が描かれた。モーニング(講談社)にて2008年に連載がスタートし、今年8月に完結した。

最終更新:9月23日(金)0時30分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。