ここから本文です

ハロウィンですぐ使える! プロ直伝“Instagram映え”する撮影テクニック

ネットショップ担当者フォーラム 9/23(金) 8:01配信

日本でもすっかり定着したハロウィン。仮装やパーティーを楽しむ方も増えているようです。ばっちり仮装をしたら素敵に撮影したいですよね? 楽天主催のイベント「プロが教える“インスタ映え”ハロウィンフォト講座」に参加して、一般の参加者のみなさんとスマホ撮影のテクニックを勉強してきました。10月31日のハロウィンに、さっそく活用できるアイデアをご紹介します!

狐塚先生のテクニックをご紹介!

本日の先生はこの方、フォトグラファーの狐塚 勇介さん。人物写真を中心に、広告撮影やCDジャケットを手がけている方です。

■ (1)アプリで明るさを調節する

「撮りたい!」と思っても、暗い場所だと難しいですよね。写真アプリで撮影するときに明るさを調整できます。

iPhoneならピントを合わせたい場所をタップし、右に出てくるバーを上に動かすと明るくなります。この機能を覚えておけば、だいたいどんな場所でもきれいに撮れるそうです。

■ (2)いい表情のポイントは口

撮影しているときは会話をしながら。口が「あ」か「い」の形になる言葉を言ってもらいましょう。例えば「美味しい」とか「楽しい」とか。

お子さんの場合はお菓子を食べている時や、ジュースを飲んでいる時も可愛い表情が撮れるそうです。

■ (3)写真の構図は「お弁当箱」

Instagram用の写真は正方形で撮影することが多いと思いますが、被写体だけでなく、背景のモチーフや小物などを、お弁当箱にぎゅっと詰め込むイメージで正方形の中に入れ込むと良いそうです。

■ (4)ドライヤーで髪をふわっ

顔のちょっと下から上を狙って冷風を送り、髪をふわっとさせるテクニック。長時間やると目が乾くので、短時間だけ。

■ (5)小道具でもっと楽しく

物干し竿に小物を吊すアイデア。被写体の前に配置しても後ろでもOK。遠近感が付いて面白い写真になります。

■ (6)広角レンズをスマホに付けて撮影してみる

広角レンズを使用すると顔が前面に来る感じになって、特にお子さんは可愛く撮れます。

1/2ページ

最終更新:9/23(金) 15:41

ネットショップ担当者フォーラム