ここから本文です

2016年上半期に漏えいしたデータ件数は世界で5億5千万件、北米が約8割(ジェムアルト)

ScanNetSecurity 9月23日(金)8時0分配信

ジェムアルト株式会社は9月21日、データ漏えいの深刻度を指標化した「2016年上半期 Breach Level Index」の結果を発表した。この調査は、世界中のデータ漏えい情報を収集し、その要因を考慮して深刻度を数値化したもので、「比較的安全な」データ漏えいと「危険な」データ漏えいを見極めることを目的としている。

他の写真を見る

これによると、2016年上半期は世界で974件(前年下半期は844件)のデータ漏えいが報告され、漏えいしたデータ件数は5億5,400万件(同4億2,400万件)を超えた。漏えいしたデータの種類では「なりすまし」が64%でもっとも多く、データの漏えい源では「外部の悪意あるユーザ」が69%とトップであった。なお、2016年上半期に発生したデータ漏えい事件のうち、52%は漏えいしたデータ件数は報道されていない。

業種別では、医療業界が27%でもっとも多かったが、漏えいしたデータ件数は前年下半期の12%から5%へと減少している。政府機関は14%と前年下半期と同水準であったが、漏えいしたデータ件数は57%を占めている。以下、金融サービス(12%)、小売業および教育機関(11%)と続いた。地域別では、北米(79%)、欧州(9%)、アジア(8%)において多く発生した。

(吉澤 亨史)

最終更新:9月23日(金)8時0分

ScanNetSecurity

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]