ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「一口」

ITmedia LifeStyle 9月23日(金)6時10分配信

 所在地は京都府久御山町。ひとくちと呼んでしまいそうな地名ですが、「いもあらい」と読みます。予想もできなかった読み方ですが、「いみはらい」(忌み祓い)が由来の説が有力だといわれています。かつて洪水が発端の疫病に悩まされたこの地域の人々が、災いを追い払いたいという願いも込めて一口とつけたという説があるようです。

【正解はこう読みます】

 ほかの説では、かつて一口の集落への出入り口は西の一方だけだったことから、立地的な意味合いでの「一口のいもあらい」が後に「一口」だけで「いもあらい」といわれるようになった、ともいわれています。

 結果的に正しい由来は解明されておらず、現在は集落もなくなっていますが、珍地名として現在にも受け継がれています。

最終更新:9月23日(金)6時10分

ITmedia LifeStyle