ここから本文です

iPS由来細胞のがん化、予防法を開発 慶応大チーム

朝日新聞デジタル 9月23日(金)2時1分配信

 ヒトのiPS細胞からつくった神経幹細胞が、マウスの体内でがんになるのを防ぐ方法を、慶応大の岡野栄之教授(生理学)と中村雅也教授(整形外科学)らのチームが開発した。22日付の米科学誌ステム・セル・リポーツ電子版に発表した。iPS細胞による治療の安全性を高めるのがねらいだ。

 iPS細胞が機能をもった様々な細胞になる過程で細胞が過剰に増殖して一部ががん化するおそれが指摘されている。治療に使うには、がん化をいかに防ぐかが最大の課題で、様々な方法が研究されている。

 チームは、神経幹細胞の中で、組織への分化や細胞の複製に重要な遺伝子の働きを調節する仕組みに注目。ヒトのiPS細胞から作った神経幹細胞を、この仕組みが働かなくなるようにする「GSI」という薬につけてから、脊髄(せきずい)が損傷したマウスに移植した。

朝日新聞社

最終更新:9月23日(金)8時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。