ここから本文です

ANA、赤い羽根共同募金で特別塗装機

Aviation Wire 9/23(金) 12:31配信

 全日本空輸(ANA/NH)は、10月1日から始まる赤い羽根共同募金運動に協力する。ANAグループの国内線に乗務する全客室乗務員と、国内全空港の地上旅客係員全員が赤い羽根を着用してピーアールし、共同募金70周年記念ロゴマークの入った特別塗装機20機が、国内線を約3カ月間飛ぶ。

 ANAグループの活動は今年で55回目。9月30日に厚生労働大臣よりメッセージを、共同募金を主催する中央共同募金会会長から赤い羽根を預かり、10月1日に客室乗務員が全国各地40カ所の知事や市町村長、市町村共同募金委員会長へ「赤い羽根 空の第一便」として届ける。

 特別塗装機は、国内線で運航するボーイング767型機が6機、737-800が10機、ボンバルディアQ400(DHC-8-Q400)が4機の計20機。10月1日から12月31日までの運航を予定している。

 また、ANAが就航している国内空港のカウンターや空港売店ANA FESTAに募金箱を設置。グループ社員が街頭募金を行う。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/23(金) 12:31

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。