ここから本文です

「NetEvents」がカリフォルニアで開幕、AIの可能性をアピール

BCN 9月23日(金)13時46分配信

「NetEvents」がカリフォルニアで開幕、AIの可能性をアピール

100人ほど参加している「NetEvents Global Press & Analyst Summit」

【カリフォルニア発】ICT関連ベンダーやクラウドサービスプロバイダ、関連団体などが集まって、ネットワークの現状や可能性を議論するイベント「NetEvents Global Press & Analyst Summit」が9月21日(米国時間)、米国・カリフォルニアで開幕した。9月22日まで開催。イベントには約100人が参加した。

 NetEventsは1996年に始まり、今年で20周年を迎えた。その節目の年である今回のイベントの基調講演では、二人のキーマンが登壇して一つのテーマに対して、それぞれの考えをアピール。これまでは一人が基調講演を行っていただけに、趣向を凝らした基調講演となった。

 基調講演のテーマは「AI(人工知能)」で、AIが研究の枠から抜け出して、ネットワークやサイバーセキュリティでどのように活用されているかについて説明。まずは、米ファスト フォワード ラボのキャサリン・ヒューム社長が登場。同社は、リアルタイム計算とデータサイエンスの技術を生かした製品・サービスを提供している。SF映画では夢物語のように描かれているAIについて、ヒューム社長は「人間がこれまで考えていたスピードやレスポンスを覆すものであることは確かだが、(人間が)いかに上手に生かして変化に対応できるかが重要になる」と説いた。

 次に、米サイランスのスチュアート・マクルーアCEOが登壇。同社は、AIと機械学習技術を利用したエンドポイント・マルウェア防御製品を提供しているベンダーだ。マクルーアCEOは、「最近では、AIが音声認識やネットワーク管理、サイバーセキュリティを網羅している。加えてデータ収集、アルゴニズムサイエンス、機械学習、パターン認識、ファジィ論理などで、さらに実践的になっている」と訴えた。(佐相彰彦)

最終更新:9月23日(金)13時46分

BCN

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。