ここから本文です

ルクセンブルク出身のピアノ・トリオ、レイス・デムス・ウィルトゲンの来日公演が決定

CDジャーナル 9/23(金) 17:47配信

 ヨーロッパで注目を浴びる、ルクゼンブルク出身のピアノ・トリオ、レイス・デムス・ウィルトゲン(REIS DEMUTH WILTGEN)の来日公演が11月4日(金)東京・丸の内 COTTON CLUBにて開催されます。座席の予約は9月24日(土)より受付開始。

 待望の2ndアルバム『プレイセズ・イン・ビトゥイーン』を9月に発表したばかりのレイス・デムス・ウィルトゲンは、ミシェル・レイス(pf)、マーク・デムス(b)、ポール・ウィルトゲン(dr)から成るトリオ。新たなヨーロピアン・ジャズ発信地として話題のルクセンブルクは、30年前に始まったジャズ教育が実を結び始め、現在ワールド・クラスのジャズ・ミュージシャンたちが輩出し始めています。

 今回は2014年の初来日公演以来2度目の来日公演となるレイス・デムス・ウィルトゲン。現代ジャズの先進性を採り入れながらも、ヨーロピアンらしいクラシカルな美意識をエレガントに表現し、シネマティックな旋律がイマジネーションを誘うステージに期待が高まります。

最終更新:9/23(金) 17:47

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]