ここから本文です

富澤一誠出演、レーベル「Age Free Music」にフォーカスした音楽ドキュメンタリー番組の放送決定

CDジャーナル 9月23日(金)17時47分配信

 コンピレーション・アルバム『大人のカラオケ 選曲名人』(TECG-20115 1,852円 + 税)の監修を務めた音楽評論家・富澤一誠出演の音楽ドキュメンタリー番組「名曲は時代を超えて」が、BSジャパンにて9月25日(日)16:00~17:30に放送決定。

 同番組は、富澤が“大人の音楽”を提供することをコンセプトにテイチクエンタテインメント内で設立したレーベル「Age Free Music」にフォーカス。レーベル第1弾タイトルとして9月21日(水)に発売された2枚のシングル、永井龍雲「顧みて」(TECG-52 1,204円 + 税)と広瀬倫子「生まれ変わって」(TECG-53 1,204円 + 税)の楽曲制作から発表に至るまでを追っています。

 放送では、デビュー翌年の1979年に発表した「道標ない旅」のヒットで知られるシンガー・ソングライター永井龍雲、ジャジーな歌声が魅力のシンガー広瀬倫子の新曲制作の裏側に迫るほか、「千の風になって」や「涙そうそう」など、世代やジャンルを超えてヒットした数々の名曲を、富澤が紹介し解説していきます。

 なお、放送に際し富澤一誠は「この番組を通じ、時代が必要としている大人の音楽が生まれる瞬間に是非立ち会って頂ければと思います。あなたが探している音楽にきっと出会えると思います」とのコメントを寄せています。

最終更新:9月23日(金)17時47分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。