ここから本文です

リカルド「シンガポールが最後のチャンスだった」

TopNews 9月23日(金)16時54分配信

レッドブルのダニエル・リカルドが、先週末に行われたF1シンガポールGP(第15戦)が今季優勝できる最後のチャンスだったと認めた。

■シンガポールではあと一歩だった

今季の第6戦モナコGPでは予選でポールポジションを獲得したリカルドだったが、決勝ではチームのピット作業ミスでルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)にトップの座を奪われてしまい、優勝のチャンスを逃してしまっていた。

モナコと同じ市街地サーキットで行われたシンガポールGPでも予選2番手を確保したリカルドは、レース終盤にトップを走るニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)に詰め寄るものの、わずかにコンマ5秒の差でロズベルグが先にチェッカーフラッグを受けていた。

リカルドはフランスの『Auto Hebdo(オト・エブド)』に次のように語った。

「今年、わずかの差で優勝を逃したのはこれが初めてじゃないよ」

「僕たちは接近していたし、いくら失望してもし過ぎることはないよ」

「先週末はメルセデスAMGに肉薄していたと思う。最後に戦略的な動きをしたんだけど、あと一息のところで逃してしまった。だけど楽しかったよ」

■このあとは雨頼み

リカルドは、まだ今季の戦いをあきらめるつもりはないものの、実際にはシンガポールがレッドブルにとって優勝を狙える最後のチャンスだったのは確かだと次のように続けた。

「僕は2016年のことだけを考えているし、シーズンを終えるまでには優勝したいと思っている」

「ドライコンディションでは、あれ(シンガポールGP)がおそらく僕たちにとって最後のチャンスだっただろうね」

そう語ったリカルドは、次のように付け加えた。

「だけど、もしいいときに雨が降れば、まだうまくやれるチャンスはあると思うよ」

最終更新:9月23日(金)16時54分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]