ここから本文です

有名鉄道写真コンテストで「盗用」騒ぎ 「東京駅の新幹線にスプリンクラー」の不自然

J-CASTニュース 9月23日(金)16時16分配信

 レンズメーカーのタムロンが主催する鉄道写真コンテスト「第9回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」の入賞作品に、ネットで「盗用疑惑」が浮上した。

 当該作品は「東京駅のホームに到着する新幹線」を捉えたもの。しかし、一部の鉄道ファンが3年前に開かれた別のフォトコンテストの入選作品と同じ、と指摘し、騒ぎになっている。

■応募総数7098点からの入選作品

 タムロンによると、「鉄道風景コンテスト」は16年5月1日から8月25日の締め切りで開催され、16年は応募人数1894名、応募総数7098点で、87名が入賞した。9月21日からは、作者のコメントとともに入賞作品を公式サイトで紹介している。

 応募作品を「一般の部」「小・中・高校生の部」の2部に分け、前者は写真家の広田尚敬さん、後者はフォトライターの矢野直美さんが審査。入賞作品を大賞(各部1枚ずつ)、準大賞(各部3枚ずつ)、審査員特別賞(各部3枚ずつ)、入選(各部15枚ずつ)、佳作(各部20枚ずつ)の6段階に振り分けた。

 今回問題視されたのは、そんな「入選」作品の1枚。撮影者は「愛知県の15歳」となっている。タイトルは「ホームに滑りこみ」で、撮影地・コメントの欄に「東京都千代田区 終着東京駅に滑りこむように到着」とある。

 東海道新幹線の車両同士がすれ違う瞬間をとらえたこの1枚。横から噴射されるスプリンクラーの水と夕日が車両に重なり合い、何とも言えない雰囲気を醸し出している。

 しかし、この写真について、公式サイトに載った9月21日ごろから、複数の鉄道ファンが「盗用ではないか」「別のフォトコンテストの入賞作品と同じだ」という指摘をツイッターで相次いで投稿した。

 「別のフォトコンテスト」とは、鉄道雑誌を刊行する交友社とキヤノンが13年に開いた「2013 第37回 鉄道ファン/キヤノン フォトコンテスト」だ。

1/2ページ

最終更新:9月23日(金)23時12分

J-CASTニュース