ここから本文です

【マレーシア】来月27日開業、日本を発信へ KLのクールジャパン店舗

NNA 9/23(金) 8:30配信

 三越伊勢丹ホールディングスは10月27日、クアラルンプール(KL)中心部ブキビンタンで、日本の商品、文化を「クールジャパン」として発信する世界で初めての店舗「イセタン・ザ・ジャパン・ストア」を開業すると発表した。22日にKL現地で開いた記者発表会では、入居する全820ブランドの一部を公開。日本在住のマレーシア人デザイナー、ダニー・チューさんとのコラボレーション商品の発売を明らかにしたほか、米国での研修制度を体験し、日本流のもてなしを実践する「チームなでしこ」の6人も紹介された。
 
 イセタン・ザ・ジャパン・ストアは、三越伊勢丹と海外需要開拓機構(クールジャパン機構)がそれぞれ51%、49%出資した合弁会社が運営するもので、ブキビンタンの商業施設「ロット10」内の既存店舗を改装して開業する。初期投資額は約16億円。発表会では、マレーシア現地法人イセタン・オブ・ジャパンの橋詰敏文マネジングディレクターが10月27日の開業を発表した。衣類、雑貨、食品や日用品など、同店で取り扱う全820品目(うち500品目がマレーシア初進出)の一部を展示し、現地報道関係者や来賓に実際に手にとって見てもらった。
 
 ■ダニー・チュー氏の商品も
 
 中でも目を引いたのが、世界的な靴ブランド「ジミーチュウ」を創始したマレーシア人デザイナー、ジミー・チュー氏の息子で日本在住のデザイナー、ダニー・チュー氏とのコラボレーションで開発した人形「スマートドール」。もともとは「末永みらい」と名付けられた日本観光庁、マレーシア観光局のマスコットキャラクターで、イセタン・ザ・ジャパン・ストアの接客スタッフの制服(ブランドデザイナーの落合宏理さんがデザイン)を着た限定商品を発売する。東京都葛飾区の工場で生産しているという。
 ダニー氏と三越伊勢丹は日本でも同様のスマートドールを20体販売したが既に完売した。大学で日本語を学び、日本航空(JAL)やマイクロソフト勤務を経てデザイナーとして独立したダニー氏は日本滞在16年の親日家で、この日も来場者に日本の魅力を紹介。「新店舗は日本へのゲートウエーになる」と語った。
 スマートドールのほか、会場には、日本でも話題のビューティーサロン「ウカ(UKA)」の美容品、洋菓子の「アンリ・シャルパンティエ」「資生堂パーラー」や和菓子の「とらや」商品の展示、「うなぎパイ」で有名な春華堂(静岡県浜松市)が展開する「五穀屋」ブランドのせんべいやようかんなどの試食も行われた。
 取り扱う商品の紹介だけでなく、華道や書道、日本語、アニメーションを学べる講座のスケジュールも発表した。マレーシアに進出する学研グループやKADOKAWA、AtoZランゲージセンターなどが協力する。
 イセタン・ザ・ジャパン・ストアの古家麻弥ストアマネジャーは、高品質で豊富な品ぞろえに加えて「もてなす」「伝える」の2点を鍵に、「全員が洗練された顧客それぞれに合うサービスを提供していく」とあいさつ。米国フロリダのディズニーワールドや日本での研修を経て日本流のもてなしを実践する「チームなでしこ」の6人を紹介した。6人は今年3月からマレーシアに入り、現地の文化や顧客ニーズを学んでいるという。
 
 ■高品質にニーズありと確信
 
 会見では、現地記者から「国内の小売市場が低迷する中、どう成長を展望しているか」との質問が飛んだが、三越伊勢丹ホールディングス海外事業部の湯谷信治海外MD部長は「(一般的な低迷の背景には)顧客の求めるものを本当に提供しきれていないことがあるとも思っている。マレーシアは高額のすし店が予約がとれないほど繁盛するなど、ニーズがあるものには顧客があり、高品質を提供することでニーズは上昇すると考えている」と答えた。また、マレーシア消費者の嗜好(しこう)を考慮し、事業全体に占める飲食品部門の割合(日本国内の同規模店舗では20%程度)が、イセタン・ザ・ジャパン・ストアでは35~36%程度になると見込んでいる。
 イセタン・ザ・ジャパン・ストアは6フロアで総店舗面積は約1万1,000平方メートル。店内では日本の美意識を「雅・粋・繊・素」の4つの漢字で表現し、商品を分類。さらに各フロアは「食べる、暮らす、過ごす、楽しむ、学ぶ」のテーマで分け、従来型のフロア展開と一線を画す。10月27日に開業するが、すし、焼き鳥、とんかつ、焼き肉など6店舗が入居予定の飲食フロアは来年1月末から2月初旬の開業になる見込みだ。飲食店のブランドは近く公表する予定という。
 三越伊勢丹ホールディングスは、イセタン・ザ・ジャパン・ストアの初年度の売上高について1億2,500万リンギ(約30億6,950万円)を目標とし、140万人の入店を見込んでいると明らかにしている。客単価は約6,000円を目指すという。

最終更新:9/23(金) 8:30

NNA