ここから本文です

“世界最高の投資家”は誰か? 危機を最大のチャンスに変える真逆の二人

THE PAGE 9/28(水) 17:00配信 (有料記事)

世界最高の投資家の候補は何人かいる。ここでは、その中で特に有力な二人の投資家を取り上げて、彼らが相場の大変動にいかに対処しているのかを探ってみよう。(解説:ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役・田渕直也)


  世界最高の投資家はバフェットか、それとも……

 世界最高の投資家は誰か。投票を行ったら多くの票を集めそうなのが、“オマハの賢人”と呼ばれるウォーレン・バフェットであろう。

 一方で、ジェームズ・ウェザーオール著の『ウォール街の物理学者』には、次のような印象的な文章がある。

 「世界一のファンドマネジャーは、ウォーレン・バフェットではない。ジョージ・ソロスでもなければ、……(中略)たぶん誰も聞いたことがないような人物だ」

 そこで名を挙げられているのが、世界最高峰のクオンツ(数理)ファンドを運用するルネッサンス・テクノロジーズの創設者、ジェームズ・シモンズだ(ただし、シモンズは2016年現在、すでに第一線からは退いている)。

 バフェットとシモンズは、きわめて対照的な存在である。バフェットはとても有名で、関連本もたくさん出ている。一方のシモンズは、さすがに「誰も聞いたことがない」わけではないが、メディアに出ることはまずないし、徹底した秘密主義を貫く謎に包まれた人物だ。投資手法においても、シモンズの投資手法は詳しくわからないのだが、少なくともバフェットとは対極に位置するものであることは推測できる。

 だが、投資の世界で最高の座を競う2人には、投資手法や性格を超えた共通点がある。それは、危機にこそチャンスを見出すという点である。
   本文:6,745文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9/28(水) 17:00

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。