ここから本文です

「今のフェラーリは数年前の自分たちに似ている」とメルセデスAMGのボス

TopNews 9月23日(金)18時56分配信

メルセデスAMGを率いるトト・ヴォルフ(ビジネス担当エグゼクティブディレクター)が、メルセデスAMGにもかつて今のフェラーリと同じような苦労をしていた時期があったと語った。

F1を代表する名門チームのフェラーリだが、ドライバーズタイトルはキミ・ライコネンの2007年、コンストラクターズタイトルは2008年を最後に無冠状態が続いている。

昨年はレッドブルから移籍してきたセバスチャン・ベッテルが3勝をあげ、復活の兆しを見せたかに思われたフェラーリは今季はメルセデスAMGからタイトルを奪取するという目標を掲げていた。

だが、メルセデスAMGとの差が縮まるどころか、シーズン中盤にはレッドブルにランキング2番手の位置さえ奪われてしまっている。

そのフェラーリについて、ヴォルフは『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』に対し、「ある意味で、今日のフェラーリは数年前のメルセデスAMGを思い起こさせるよ」と語り、次のように付け加えた。

「我々は適材適所の人材配置を行うことにてこずっていた。それは大変で時間が非常にかかる作業なんだ。だが、我々の場合は最終的にうまくいったがね」

最終更新:9月23日(金)18時56分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。